目の疲れを解消させる方法|原因と対策法を知ろう

シニア

目に関わる栄養素とは

中年の女性

目が疲れの原因を改善

パソコンやゲーム、長時間の細かい手作業などにより、目の疲れがでてしまいます。目の疲れをとるためには、目の疲れる原因となるものをある程度控えることが大切です。しかし、仕事などでどうしても改善できない場合には、疲れ目を癒すことを考えるといいでしょう。作業の合間の時間に少し休憩を入れて目を休めるのも有効な手段の一つです。また、軽く目のストレッチや目の周りのマッサージをすることでも、目の疲れをとり、目の周りの血行をよくすることにつながります。蒸しタオルなどを使って目を閉じたまぶたの上に乗せてみるのも目の疲れをとる手段になるでしょう。また、自宅では夜更かしや寝不足の状態では、目の疲れはなかなかとれません。しっかりと睡眠をとるように心がけましょう。

目にいいとされる食材は

目に関わる栄養素は、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCなどです。ビタミンAは、目の粘膜を保護してくれる役割があり、網膜を健康に保ってくれます。チーズやうなぎ、ニンジン、ホウレン草などに多く含まれています。ビタミンB群では、粘膜の保護をする作用や目の充血を回復させる作用もあります。その他にもいくつかの作用があるビタミンB群を多く含む食品は、豆腐やいわし、さば、のり、納豆などがあります。ビタミンCは、血管を強くする働きがあり、ビタミンCが不足してしまうと毛細血管が弱り、視力低下になってしまうこともあります。ビタミンCを多く含む食品は、イチゴやじゃがいも、さつまいもなどです。もし、これらの食品をバランスよくとれない場合には、市販されているサプリメントなどで補うとよいでしょう。